第1章 モンゾーラ ドルトンとロックンロールで世界を穫る!


第1章 モンゾーラでは、まず僕の伴侶となるヒロインを選定するところから始まる。


第1章ヒロイン釣り


最初のヒロインは川で偶然釣り上げたキミ、ロロンド(また間違えた)、ルマンド、ブルボン、ミルトン、ドルトン(やっと出た)、キミに決めた!


鐘の前で待ち合わせ

というわけで、早速ビルダーの鐘の前でA.M.5:00に待ち合わせ。

「今日もたくさん農作業しようね」

大農園を再興するために日夜汗を流す二人。


だが、僕の知らないところで、ドルトンはひそかに想いを募らせていたらしい。

やがて……、その想いが溢れ出してしまった夕暮れのとき。


うおおお

「うおおお いぬかい…!!」

ドルトンの真剣な瞳が真っ直ぐに僕を貫いた。


告白

「吾輩ではダメなのか……? いぬかい……」

溢れ出したハートがそこかしこに散らばっている……。


僕は罪な男だ。

だが、僕も男だ。

僕は覚悟を決めた。


木陰でこっそり

ドルトンは感激して、涙を零していた。


そして二人は

そして 二人は

いつしか 深い 眠りに落ちた…。


って、速い、早い、展開が早過ぎるっピ。


ドルトンは僕と二人でやりたいことがあったらしく、

ユニット結成

「吾輩、本当はおぬしと、農作業も良いけど、歌手デビューが、したいのだ」

The Japanese Rock'nroll Unit.

D'z がここに誕生した。




しかし、二人の親密な仲を良く思わなかった心の破壊神シドーがドルトンに精神攻撃を仕掛ける。

「オマエみたいな ふんいきだけのヒゲでは 売れない。」