エッチな地下牢


用途が物凄く偏っている、と噂の地下牢をご案内いたします。

ナビゲーターは私、『いぬかい』がお送りいたします。




この地下牢はエッチなほんビルダーが作成したエッチなほんの状況再現をしたものであります。

ゾーニングの問題から、このページからエッチなほんへのリンクは控えさせていただいております。


この地下牢はわたくしイヌカイが実際に数日間、拘留されていた牢です。(夢の中の話ですが)

再現に当たってはDQB2の素材で行っている都合上、形や縮尺など思いどおりにならない部分も多々あったことをご了承ください。

作者の技術不足による再現レベルの低下もございます。




それでは、早速、ご覧いただきましょう。

入り口


地下牢の入り口です。わたくしイヌカイもDQB2によるデフォルメがされております。


階段


いつ見ても、絶望感が半端ない階段です。

あ、わたくしの姿が邪魔ですね。では、ここからはカメラさん先導でどうぞ。

って、この階段、大の大人同士ではすれ違うこともできないほどの幅しかないのです。

当然、巨漢の部類であるわたくしもバンドウも、他の人との入れ違いはできません。

あ、バンドウは私が牢に入れられていたときのメインの看守です。


階段


先が真っ暗で見えなくなるところまで、この狭くて真っ直ぐな階段が続きます。

この階段を通って脱獄することはほぼ不可能と言えるでしょう。

あまりにも長く続いているので、とりあえず、終わりが見え始めるところまで階段を降りてみましょう。


階段


代わり映えしていないように見えるかもしれませんが、一応、床が見え始めたところまで降りてきたところです。

作者の技術不足により明かりを設置していませんが、この国では火に頼らない明かりを持つほど文明が進んでいるようで、最低限の明かりはこの長い階段にも点きます。

そして、消せもします。

私がそれまで所属していた国では考えられない、魔法のような技術です。


階段を降りきったところ


階段を降りきったところ。見えているのは看守の座る椅子と机ですが、この地下牢の設備に対する自信からか、ここで看守が牢を見張っているということはほとんどありません。

良くみると、左側に牢っぽい鉄格子が見えますね。この地下深いところに牢獄はなんとこれ一つだけです。

牢獄に閉じ込める人数と、それを見張ったり管理したりするコストのことを考えるとまるで囚人は賓客かのような扱いになります。

逆に言うと、それくらいの重要人物でないと、この牢獄には入れられません。